本を活かす 0001 * 話を聞かない男、地図が読めない女

マザーカレッジ認定講師 山崎えりかです。

本を活かす。本活(ホンカツ)シリーズを始めます!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

       「私ならではの子育てを発見する!」

     子育てはあなたが良いと思う方法がどれも正解。

     しかし、それらをより良くしていく方法はあります。

 あなただからこそ出来る子育ての工夫を一緒に見つけましょう♪

     子育てコーチングセミナー講師/コーチ 山崎えりか

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

私は本が好きです。

以前は小説を読むことが多かったのですが、

今は実用書や育児書、自己啓発本が多くなりました。

 

そこで、私が読んだ本をどう活かしてみたのか

発信していくことにしました。

 

子育てに、自分自身に、読んだ本をどう活かすのか。

 

私が試したことをお伝えしますので、

へぇ〜と共感できるものがあれば是非やってみて下さい!

一緒に、工夫を楽しみましょう!!

 

1冊目は、

「話を聞かない男、地図が読めない女」新装版

アラン・ピーズ+バーバラ・ピーズ著 藤井留美訳 主婦の友社

 

訳者前書きより抜粋:

「男女の考え方や行動の違いは、

 脳が使われていたり反応する場所や、

 分泌されるホルモンの違いによって引き起こされる

 ということを解説した本です。」抜粋ここまで

 

もし旦那様との関係に悩んでいる方がいらっしゃったら、

お悩みが軽減するかもしれないことも書いてありましたよ〜。

 

私もそれなりに悩むこともあります☆

夫に対して「なんでそうなの!?」と思うよりも、

「男とはこういう生き物、女とはこういう生き物なんだ」とわかると、

「悩むより、理解する方が早いかも!」と思えてくることが多かったです。

 

さて、私がこの本の中で活かしてみたのは、こちらです。

 

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ 

女性:関連のない作業を同時にいくつもこなせて、直感が鋭い

男性:男の脳は専門分野ごとにはっきり区分けされており、

   しかも一度にひとつの仕事しか集中できない

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ 

 

私には、息子が二人います。

今、主に小学3年生の長男のことに力を入れています。

 

働いていると、急な残業になってしまうこともあるので、

安定している朝に、習い事の課題などをやっています。

 

限られた時間の中で効率的に、、、と考え、

2つ同時にできることはないかと工夫していました。

でも、ひとつのことをやると、もう一方が止まってしまっていたのです。

 

この本を読んで深く納得しました。

息子は男で、脳の使い方が違うのですから、私たち女性のように、

「こっちやりながら、これもやればいいじゃん」というようなことは、

難しかったのですね!!

今までゴメンね。と思えたほどです☆

 

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ 

1つのことに集中できるように協力してスピードを早める

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ 

 

これにシフトしてみた所、うまくいっています!

 

山崎えりか

子育てコーチングセミナー講師/コーチ

「子どもの得意を引き伸ばす!

 3ヶ月穏やかママチャレンジ!」

あなたならではの子育てを楽しみませんか☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA