小学3年生漢字検定5級合格!ママのサポートはこの3つ

マザーカレッジ認定講師 山崎えりかです。

(写真は家に飾っているラナンキュラスです)

 

働くママで、漢字検定のサポートが思うようにできず、

お困りの方はいらっしゃいますか?

 

時間がない為に、他のママ達のように

色々なサポートをしてあげられない、、、

そのことを気に掛けているママのお気持ち、お察しします。

 

私がそうでした。

でも大丈夫です!

働くママにできること、ありましたよ〜!

 

息子は現在小学3年生です

この度、漢字検定5級に合格することができました。

 

漢字練習をしたのは当然子ども自身ですが、

働くママでも充分サポートできたのは、

子育てコーチングを学んでいたお陰だと感じています。

 

大きく分けて次の3つのことをしてきました。

・やる気になるきっかけを作る

・本人の目標を応援する

・継続するための工夫をする

 

小学1年生の時に10級から順に受け始めました。

 

漢字は、検定に合格したから完璧!ということはなく、

使わなければ忘れてしまうものも出てきます☆

学校の宿題で間違えて「あれ!?」ということもあります☆

 

検定を受ける目的は人それぞれだと思いますが、

楽しみながら挑戦できたらいいですよね♪

 

やる気になったきっかけは、

「へぇ!漢字読めるの!?」という親の驚きからでした。

そんなことを知ってるなんて!と親が驚くと、

子どもは得意気になります。

素直に私の気持ちを伝えました

 

本人の目標を応援するとは、

無理に次の級に進むことを押し付けなかったという意味です。

やりたい気持ちを応援することに集中しました。

やらされている、ではなく、自分で決めたことをやっている、

という状態でした。

 

継続するための工夫とは、

本人に自分の成長の過程を気付かせたことです。

思うように覚えられなかったり、

少し嫌になったりする時は必ずやってきます。

最初はこうだったけれど、

今はこんなにできるようになったね、

と一緒に振返ると、自分が成長できていることを理解して

もう一度頑張る気持ちに繋げることができました。

 

 

今日も親子の楽しい会話がありますように。

 

山崎えりか

子育てコーチングセミナー講師/コーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA