ネジ回しで納得!学習バランスの重要性

山崎えりかです。本日もお読み頂きありがとうございます。

息子2人(小3、保育園年少)の子育ての試行錯誤をお伝えしています。

Jpeg

先日スタンディングデスクを購入したご報告をしました。

(立ち勉、続いてます!)

 

デスクが届いて組み立てている時のことです。

三角の物体があり、3つ角をそれぞれネジ1本ずつで固定させる必要がありました。

ネジ1本、ギューッと締めると、他の二箇所の穴にネジが入らない程に

偏ってしまいました。そこで、3本を同時に少しずつ締め、

段々固く締めていくと、うまくいきました。

 

、、、こんな体験、他にもあった!!と思い出しました。

それは、長男の珠算練習です。

 

珠算は、掛け算・割り算・見取り算、3種類の計算があります。

当初、練習方法をよくわかっていなかった私は、

掛け算が得意、割り算・見取り算が不得意だった為、

「掛け算はもう出来るから、他の2つを練習しよう」

と息子に提案してしまったのです。

 

掛け算以外を集中練習して2週間程経ち、

全体を通して練習してみると、、、

今度はダントツで掛け算ができなくなっていました!!

 

学習バランスの重要性は、この時に学びました。

3つをバランスよく練習していくことが大事だったのです。

「○○だけ練習」はかえって偏りがでました。。。

もちろん、何を学ぶかにもよりますが、

子どもは吸収も早いけれど、抜けていくのも早い!!

 

それ以来、春休みや夏休みなど、

家庭学習に任される時期に少し気を付けています☆

 

春休みですね!

今日も親子の楽しい会話がありますように。

 

山崎えりか

子育てコーチングセミナー講師/コーチ

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA