子どもと一緒に野菜を育てて食べる

山崎えりかです。読んで下さりありがとうございます。

私は働くママであり、マザーカレッジ認定講師でもあります。

学びをどう活かせるか、

息子2人(小3、保育園年少)の子育ての試行錯誤をお伝えしています。

 

みなさんのお子さんは、野菜が好きですか?

 

我が家の子ども達は、野菜好きです。

今日は9年目になる畑のことをお伝えします。

農家さんが区画を貸し出しており、農作業を教えてくれるのです。

畑の新年度は、3月開始です。

春野菜の作付けが始まりました。

(色とりどりの野菜のタネたち)

 

子どもと一緒に野菜を育てて食べることができたら楽しそう〜

と、長男が1歳の頃に始めました。

 

最初は畑に連れて行ってもすぐに寝てしまって、

背中におんぶしながら耕したりしていました。

今では、鍬を持ち、耕すことも手伝ってくれるようになりました。

子どもの9年間、ものすごーーーく早いですね。

 

小さな頃でも、タネを植えることや、収穫をすることはできます。

そんな時に、

「わ〜。採ってくれたお野菜、おいしいね〜!」

と一緒に食べると、子どもも喜んで食べました。

 

以前、小学生のお友達が収穫体験に来てくれたことがありましたが、

「自分で採ったのをよく食べたよ〜」とママが教えてくれました。

 

どの子も、自分で採ると嬉しいようです☆

ご家庭では、ベランダでプチトマトなどでしたら手軽にできそうです。

(昔、実家のベランダで母が育てていました)

 

レタスやカブなど、この中に植えました。

実はこれは3月上旬のお話。

 

下旬はまた明日、お伝えします!

 

今日も親子の楽しい会話がありますように。

 

山崎えりか

子育てコーチングセミナー講師/コーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA