日記の宿題、どのようにサポートする?

山崎えりかです。〔働くママであり、マザーカレッジ認定講師でもあります。学びをどう活かせるのか、息子2人(小4、保育園年中)の子育ての試行錯誤をお伝えしています。〕

 

お子さまは、日記の宿題はありますか?

ママの質問で、少しサポートができるかもしれません☆

 

小4の長男に日記の宿題が出され始めました。学校から書き方の指導があったようなので、本人に任せていました。どうやら書くには書いた様子です。後から読んでみると、、、文章の出だしに工夫がされているではありませんか!

 

「『カサカサ』と虫がいる音がしました。」のような始まり方でした。おぉ!習ったことを使っているのだなと嬉しくなったのも束の間。その続きを読むと「あれをしました。これをしました。楽しかったです。」、、、う〜ん、、、2年生の頃と何も変わっていないような文章。。。

 

これはマズイと内心焦りました。でもここでひと息おけてよかった!もし「これじゃあ2年生の頃と変わらないじゃん!」なんて言ってしまったら、せっかく楽しく書けた日記が台無しです。一気に嫌な宿題に変わってしまいます。今回の宿題は「習ったことを使って文章が書けた!」とプラスの面を捉えて、これで提出するとします。

 

さて、では来週からどうするか???日記を書く気持ちを応援しつつ、少しずつ文章の書き方も教えたいですね。先日、授業参観の時の国語の授業で「悲しい気持ち」を別の言葉で表してみようという内容がありました。悲しい気持ちは「うつむく」などでも表現できるね、というものです。これがヒントになりました。

 

来週日記の宿題が出たら、まず書きたい内容を聞いてから「その時の気持ちを別の言葉であらわすと?」と質問してみます!「スキップしたくなった」でもなんでもいいのです。「楽しかったです」「悲しかったです」などを使わないで表現してみることを促してみます。

 

日記への挑戦は今後も続けていきますね。うちも日記の宿題が出るわ〜というママ!一緒に頑張りましょう!!

 

今日も親子の楽しい会話がありますように。

 

山崎えりか

子育てコーチングセミナー講師/コーチ

日記の宿題、どのようにサポートする?” に対して 2 件のコメントがあります

  1. あすみ より:

    仕事して、家事、子育てして、空いた時間に毎日ブログ更新すごいねーー‼︎初めてコメント書くけどちょいちょい見てるよ😊
    ほんわかする話や、へぇーとためになる話、そうそうって共感する話とか毎日ステキなブログだね❤️❤️❤️えりかの活動をこれからも応援してます!

    1. erikayamazaki より:

      ありがとう!!!!読んでくれてるなんてすっごい嬉しい!!!コメント嬉しい!!海外のローン契約案内メールが190件も来たけど、コメントもらったのはじめてだよ!!このホームページから返信機能使うのはじめて(笑)ほんとありがとう!!励みになったーーー!孤独との戦いだよ〜。まずは続けてみようと思ってやってるよ。応援してくれてる人がいると思うと頑張れる。ありがとうーーー!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA