虫カゴでは足りない!ならば、これはどうだ!

山崎えりかです。〔働くママであり、マザーカレッジ認定講師でもあります。学びをどう活かせるのか、息子2人(小4、保育園年中)の子育ての試行錯誤をお伝えしています。〕

虫が苦手なママ、突然の写真ごめんなさい!これはカナヘビ達です。(男の子のママになるまではトカゲだと思っていましたが、カナヘビです☆大人しくて意外と可愛いですよ〜)暖かくなって、虫たちの活動も活発になってきました。よって、我が家のベランダも賑わってきましたよ!!

 

先日、長男からの要望がありました。「ベランダを茂みみたいにして、カナヘビ放して飼いたい!!」、、、なるほど。気持ちはよくわかります。自然に近い状態で飼いたいということですね。

 

これまでは、ごく普通の虫カゴに入れていました。大きい物で横30cmほどでしょうか。それでは足りないというのです。そこで、ベランダ全部は無理にしても、もっと大きな入れ物はないかと考えました。

 

思いついたのは二つです。水族館などで見かけるような、大きな水槽、もしくは衣装ケース!大きさ重視でしたので、イグアナなどを飼うような水槽を検討しましたが、1万円近くするので断念しました。(お高い!)一方で衣装ケースは2千円弱。これなら、兄弟それぞれに買うこともできます。(こんな時1つにすると兄弟喧嘩が絶えません☆)

 

写真は、左が兄、右が弟のカナヘビの住処です。思い思いにカナヘビが隠れる場所などを作り、餌となるクモを放っていました。以前より走り回る様子がよく見えたり、幅を持たせた仕掛けを利用する様子が見えたりして、子ども達は大満足のようです。

 

男の子のママさん!スケルトンの衣装ケースなら、中の様子も見られて、広くて、比較的安価ですよ〜☆

 

今日も親子の楽しい会話がありますように。

 

山崎えりか

子育てコーチングセミナー講師/コーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA