「つめを切る」どうやって思い出す?

山崎えりかです。〔働くママであり、マザーカレッジ認定講師でもあります。学びをどう活かせるのか、息子2人(小4、保育園年中)の子育ての試行錯誤をお伝えしています。〕

 

小学生は自分で爪を切りますね。ふと見ると、子どもの爪が伸びていて「切りなさい」と注意をすること、ありませんか?子どもが自ら気付くにはどうしたら良いでしょう?やることリストはこんな時にも使えますよ〜☆

 

家族の中で誰かが爪を切る時につられて切ることもありますね。しかしタイミングを逃すとすぐに伸びてしまう爪は、週に1回は切りたいところ。

 

「どうすれば爪切るの思い出せると思う?」と子どもと話して、週間のやることリストに記載することになりました。日曜日の欄に「つめ切り」と追加されています。先月から始めました。リストで気付くことができるので、効果がありましたよ〜。

 

「爪切った?」「爪切りなさい!」とならずにママは穏やかでいられます。子ども側は忘れずに清潔を保てます。それより以前は、カレンダーに「つめ切り」と書くことにしたのですが、これは失敗でした!カレンダーを見る用事がないと気付かないからです。「どこだったら気付けるかな???」と話してみて下さいね☆

 

今日も親子の楽しい会話がありますように。

 

山崎えりか

子育てコーチングセミナー講師/コーチ

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA