子どもの違った一面を知る

山崎えりかです。〔働くママであり、マザーカレッジ認定講師でもあります。学びをどう活かせるのか、息子2人(小4、保育園年中)の子育ての試行錯誤をお伝えしています。〕

子どもの違った一面を知る為に、うちでは祖父母が大きな存在となっています。

お子さんは、親の言うことは聞かなくても、祖父母の言うことは聞くこと、ありませんか?またはその逆もあります。親は厳しく言うので仕方なく言うことを聞くけれど、祖父母は優しいので言うことを聞かずに甘える。いずれにせよ、真逆の大きな存在です。

 

我が家は野菜を育てておりまして、今の時期は収穫まっさかりです!わんさか野菜が採れます。そこで、ばぁばに連絡してお野菜をもらってもらうことになりました。いつも畑に行くと虫採りに夢中な子ども達。畑仕事のお手伝いもしてくれますが、気が向いた時に戻ってきて、やりたい作業だけやる程度です☆

 

ところが、ばぁばが畑に来て「これ採って」とお願いされると、あら不思議。虫採りに夢中だったはずの子ども達が黙々と一緒に作業をしているではありませんか!真剣そのものです。おや。まぁ!いつもなら「今カナブン採ってるからムリ!」など忙しいからと一旦断られてしまうのに☆

 

子どもの違った一面を知るには、自分以外の人との関わり方を見る機会があると良いかもしれません。

 

今日も親子の楽しい会話がありますように。

 

山崎えりか

子育てコーチングセミナー講師/コーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA