質問しても「わかんない」と言われてしまう

山崎えりかです。〔働くママであり、マザーカレッジ認定講師でもあります。学びをどう活かせるのか、息子2人(小4、保育園年中)の子育ての試行錯誤をお伝えしています。〕

 

「どうしたい?」「どう思う?」と質問してみても「わかんない」と返ってくること、ありませんか?子どもの考えを聞きたいと思ったのに、少し残念な気持ちになってしまいますね。

 

自分にこう聞かれたらどうでしょう?「PTAの役員、どうしたい?」、、、やるのか、やらないのか、やるとしたらどの役員を選ぶのか、やらないとしたらいつならやるのか、、、大人でも即答できずに困るシーンはたくさんあります。もっと簡単に「ランチどこいく?」これだって即答できない、なんてこともあります☆

 

「わかんない」の答えの中身は、もしかしたら「迷っている」かもしれないし、「今はわからない」だけかもしれません。いずれにせよ、投げかけられた質問は子どもの頭に残ってその後も考え続けていたりします。「ママ、この前このこと聞いてたじゃん?あれさ、、、」と後から会話に出てくることがあります。

 

即答を求めてしまいがちですが、ゆっくりじんわり効いてくることもあるので、会話の中での質問、続けていきましょうね〜!

 

今日も親子の楽しい会話がありますように。

 

山崎えりか

子育てコーチングセミナー講師/コーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA