書写ってつまらない!?

山崎えりかです。〔働くママであり、マザーカレッジ認定講師でもあります。学びをどう活かせるのか、息子2人(小4、保育園年中)の子育ての試行錯誤をお伝えしています。〕

書写ってつまらなそうかなぁ、、、という印象、ありませんか?つまらなくはなかったとしても、楽しい!とは言い難いかと思っていました。特に子どもはじーーーっとしているのは苦手ですものね。

 

が!!この度、子どもの書写教室の体験学習に一緒について行った所、私まで楽しんで帰ってきたのです!

 

先生のご配慮で、私も用紙をいただき、お手本を見ながら一文字ずつ丁寧に書いてみました。すると、、、こんなに!?と意外な程、ものすごーーーく集中するのです。書き直しせずに一発でバランス良く書こうとするので、文字を書くことだけにぎゅーーーっと集中。なんとも心地の良い体験でした!書写のおけいこ、すごい!!

 

先生と子どものやりとりも「できたところを認める」が満載で、子どもの意欲や自信を伸ばしていただけました。「筆圧がしっかりしてる。丁寧に書けている。綺麗に書こうという意識がある。」など。字のバランス云々には触れません。現在できているところを認めてもらえた本人は、嬉しそうにプリントを進めていました。

 

認めてもらえたからこそ、次に教わった文字バランスについても、やってみようという気持ちになるのですね。さすが先生、、、と学ぶところが多かったです。

 

子どもが楽しいと思えるかどうかは、指導者の声掛けも大いに影響するなと感じた出来事でした。「綺麗に書こうっていう意識があるね!」などは、普段学校のノートや連絡帳を見た時にも使えますね。先生の言葉、いただいちゃいましょう!

 

今日も親子の楽しい会話がありますように。

 

山崎えりか

子育てコーチングセミナー講師/コーチ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA