家事分担の見直しはどうやる?

山崎えりかです。〔働くママであり、マザーカレッジ認定講師でもあります。学びをどう活かせるのか、息子2人(小4、保育園年中)の子育ての試行錯誤をお伝えしています。〕

家事の役割分担はどのように決めていますか?うちでは、できることをできる人がやることになっています。そうはいっても主担当はいます。

 

ものすごく大きく分けると、料理系はママ、炊飯は長男、掃除系はパパ、大体そんなくくりです。この度、パパ担当のトイレ掃除に、ちょっと問題点を見つけました。

 

私が思う掃除の出来に足りていなかったのです。でも毎日やってくれていることは確かです。ここ最近、「アサーティブな表現」を学んだものですから、相手も自分も尊重する伝え方を目指してみました。

 

「いつもトイレ掃除ありがとう。(まず感謝)汚れている所があって、以前も伝えたことなので困っています。(自分の気持ちを伝える)掃除の仕方だったら説明するし、もし掃除の回数を増やした方がいいなら分担するし、交替した方がよければ私か長男が代わります。(できることを示す)どうしたいですか?(相手の意向を伺う)」と質問しました。私なりのアサーティブな表現で伝えられたと思います。

 

すると(夫)「掃除の仕方を説明してもらって、当番制はどう?」とこれまでにない道がひらけました。早速、週末の家族会議で議題に挙げることになりました。

 

以前なら(私)「前も言ったよね!?これ、ちゃんとやってよ!!」と喧嘩腰だったと思いますが、それだとお互いに気分を害するだけでした。今回は、すんなりと解決に向けて話を進めることができました。言いたいことはどちらのパターンでも同じなので、それならば穏やかにすむ方が私もスッキリです☆自分も相手も尊重する伝え方、是非お試し下さいね。

 

さて、子ども達はどう反応するか??

今日も親子の楽しい会話がありますように。

 

山崎えりか

子育てコーチングセミナー講師/コーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA