「引越すつもり」で家中片付く!!

山崎えりかです。〔働くママであり、マザーカレッジ認定講師でもあります。学びをどう活かせるのか、息子2人(小4、保育園年中)の子育ての試行錯誤をお伝えしています。〕

実はいらない物、家にありませんか?「もしも明日引っ越すとしたら???」と考えて家を見渡してみて下さい。急に不要な物だらけであることに気がつきます!これで、ものす〜〜〜んごく、片付いたので、ご紹介します☆(雑談で引越しの話題が出たことで、そのような視点になったことがきっかけです)

 

「引越すつもり」になってみるだけですので、方法について他に追記はございません☆よって、何が洗い出されたかについてお話しますね。

 

・来客用のお布団

・結婚式用のドレス

・大型おもちゃ

・ヒールの高過ぎる靴

・バッグ

・カゴ系

・修理待ち家電

 

いかがでしょうか?

 

意外と余分に家にある布団。そこまで必要ではない。むしろいらない☆

 

ドレス。ドレスを捨てるって服を捨てるよりも捨て辛いのは私だけでしょうか。でも、実はもう着ない☆

 

大型おもちゃ。これは盲点!うちにあったのは、キッチンセットです。おもちゃ収納のようになっているけれど、使っていない☆

 

ヒールの高過ぎる靴。おしゃれする日に履くつもりで、粘ってとってありましたが、パーティーなんてないぞ??出番なし☆

 

バッグ。古びている物は、もう使わない☆

 

カゴ系。重ねたカゴや箱!何かに使うかも?って、、、その入れ物こそがスペースをとっていた☆

 

修理待ち家電。ダイソン掃除機、ルンバ掃除機、加湿空気清浄機。既に他の用具を使っているよ?もう、修理しないでしょう☆

 

お恥かしながら「なんかもったいない」の気持ちが現れる結果となりました。引越し目線になると、普段は注目しない品にも目がいきました。家電などは、だって高かったし、という根性も見えてしまいましたね!ぜ〜〜〜んぶ処分して、気分爽快です!不用品の整理。スペースが空くだけではなく、心もスッキリできました!

 

子ども達はと言うと、「これも捨てていい」と物を出してきたり、積み上げた処分品を、せっせとゴミ置き場に運んだりして、手伝ってくれました☆「力持ちだね!助かるよ。ありがとう!」と感謝しました。力の見せ所、って子ども達は張り切ってくれますね。

 

一度引越し目線で、家を見渡してみて下さいね。私の場合はお片付けフルスピードのスイッチが入ってしまったので、同じく危険な方は休日をおすすめします♪

 

今日も親子の楽しい会話がありますように。

 

山崎えりか

子育てコーチングセミナー講師/コーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA