読書感想文、課題図書。写真だらけ!?

山崎えりかです。〔働くママであり、マザーカレッジ認定講師でもあります。学びをどう活かせるのか、息子2人(小4、保育園年中)の子育ての試行錯誤をお伝えしています。〕

夏休みの宿題の定番といえば、読書感想文!!みなさまは、課題図書をいつ頃用意していますか?

 

昨年、どの本にするか子どもが迷っている内に、買いたかった本が売り切れになってしまった経験があります。そこで、今年は夏休みが始まる前ではありますが、早々に購入するように促しました。

 

「中学年対象で、読みたい本を選んで買っておいで〜」と本人に任せた所、、、なんだか随分薄い本を買ってきたのです。中を見てみると、写真集に文が一行ついているような内容!内容は面白いのです。世界中の子ども達の通学路の写真です。しかし、読む部分がほとんどありません。

 

どんな読書感想文になるのでしょうね???興味が湧きます。元の文が短いということは、引用ではなく、載っている写真を自ら言葉にしなければなりませんね。

 

選んだ本を受け入れたこと、ここからどんな感想を書くのか楽しみに思えたこと。コーチングを学んで、相手を尊重することが大分身についてきました。子どもの、自分と違う部分を「面白い」と思えると大きく変わってきます。

 

今日も親子の楽しい会話がありますように。

 

山崎えりか

子育てコーチングセミナー講師/コーチ/ライター

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA