読み聞かせ。毎回同じようでちょっと違う

子どもの読み聞かせ。大切にしたい時間ですね。

 

次男に読み聞かせをしています。絵本は本人が決めています。

ある一冊を集中して選ぶことはありませんか?「三びきのこぶた」の連続だったり、「みにくいあひるのこ」の連続だったり。うちでは最近「ないたあかおに」です。

 

何度読んでもおもしろい本。繰り返し繰り返し読んでも、聞き入ってくれるのは嬉しいものですね。たまに役になりきって声色を変えて読んでみたりすると笑ってくれたりもします。

 

読み聞かせだとその時々で多少読み方の違いも出るので、何度でも喜んでくれるのかもしれませんね。

 

今日も親子の楽しい会話がありますように。

 

山崎えりか

子育てコーチングセミナー講師/コーチ/ライター

働くママであり、マザーカレッジ認定講師でもあります。学びをどう活かせるのか、息子2人(小4、保育園年中)の子育ての試行錯誤をお伝えしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA