削った時間を何に使うか

ホットクックを使いはじめて、全体の調理時間は長くなりましたが、私の手作業時間は大幅に短くなりました。ほっといていいので、楽ですよ〜!

 

他には、服を3、4着にすることで、毎朝選ぶ時間が減りましたし、新たに購入しないので買い物に行く時間も大幅に減りました。靴も3足程度ですから、迷いません。

 

削ることができた時間を何に使うか。だらだらと過ごすことに使ってはもったいない!デザートのフルーツを剥く時間になったり、洗濯を朝晩こまめにまわす時間になったり。次のご飯のおかず一品を作りおえる時間だったり。

 

「本当はこれやりたかったんだよね〜」の時間に充てていっています。すると、なんだか生活に余裕がうまれていることを実感できる!「これに充てた」と具体的に意識できると実感に繋がるようです。

 

時間短縮を目指して試行錯誤しているママも多いと思います。もしも「工夫してるはずだけどなんだか忙しい〜」と感じたら「削った5分で、これができた!」を意識してみると、あなたの生み出した変化を実感できそうですよ〜☆

 

 

山崎えりか

子育てコーチングセミナー講師/コーチ/ライター

働くママであり、マザーカレッジ認定講師でもあります。学びをどう活かせるのか、息子2人(小4、保育園年中)の子育ての試行錯誤をお伝えしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA