お手伝いの世代交代!!

 

お子さまに、お手伝いをお願いしていますか?私は長男が小学1年生の頃から、お米とぎをお願いしていました。

 

最初は失敗も多かった!でも今は、お米別のメニュー選択(白米コース・発芽玄米コースなど)や、予約時間の設定も頼りになります。

 

この度次男が「お手伝い、新聞とってくるのじゃなくて、お米やりたい」と言い出しました。やりたい気持ちがあるなら、ぜひお願いしようと思い、「わかった!お願いします!」と担当変更になりました。長男は別のお手伝いに移行です。

 

さて、どうなったか、、、次男のサポートを夫にお願いしましたが、、、必要な時に炊いてない、、、さっそく、問題発生です!

 

子育て二人目といえども、またイチからなのは同じことですね。お米を炊いてくれるとみんながおいしくご飯を食べられて嬉しいよ、ありがとう、今日のお水加減、とってもいいね!と声を掛けたり。

 

炊いていないとご飯がなくてお腹ペコペコになるから困っちゃうよ、とお願いしたり、、、毎日毎日、繰り返し繰り返し、ちょっとずつ、ちょっとずつ、何十回も何百回も、、、続きます☆

 

同じようでいてちょび〜〜〜っとずつ変化のある子育て、

山あり谷あり、続けていきましょうね〜〜〜☆

今日も親子の楽しい会話がありますように。

 

山崎えりか

子育てコーチングセミナー講師/コーチ/ライター

働くママであり、マザーカレッジ認定講師でもあります。学びをどう活かせるのか、息子2人(小4、保育園年中)の子育ての試行錯誤をお伝えしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA