人は変わらない、自分が変わる

子どもが今できていない部分をできるように変えたい。子どもの短所を直したい。そんな風に思うことはありませんか?私はそうでした。今も油断するとそうなります。

 

子育てコーチングで知り、今も大切にしている言葉は「人は変わらない」ということです。これに「自分が変わる」を付け加えて「人は変わらない、自分が変わる」と毎朝自分に言い続けて2年半ほど経つでしょうか。少しずつではありますが、言葉を行動に移せてきたと感じます。

 

子どもは変わりません。というより、自分以外の誰も変えることはできません。当たり前なのに、それができないことに腹を立ててしまいます。相手が子どもだと尚更そうなります。育てるのと、できる子に変えようとするのは別ですね。

 

「良いところを見つけて伸ばす」という子育てコーチングの考え方が大好きです。伸ばすって、ウーーーンと両手を大きく広げて伸びをしたり、となりのトトロのワンシーンのように木の枝がニョキニョキと伸びていくイメージがしませんか?

 

変えるより、伸ばす!子どももママも笑顔でいられる方法だと思います。

今日も親子の楽しい会話がありますように。

 

山崎えりか

子育てコーチングセミナー講師/コーチ/ライター

働くママであり、マザーカレッジ認定講師でもあります。学びをどう活かせるのか、息子2人(小4、保育園年中)の子育ての試行錯誤をお伝えしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA