子どもは親を観察している!

発達心理学を一緒に学びながら、子どものことをもっと知っていきましょう☆

 

「子どもは親の姿をみて、それを真似ることで学習している」

これを観察学習というそうです。

猿人類に育てられた野生児が四つん這いで歩くなどの例があります。

 

望ましい行動だけではなく、望ましくないマイナスの行動も学習するのだそうです。

 

自分の嫌な部分を、そっくりそのまま子どもが真似していた時、

ドキッとしますね。ガガガガーンですね!

(たまたま、今ベートーベンの「運命」をかけていました〜)

 

長男が次男に向けて注意する時の口調が普段の私にそっくりで

ショックを受けたことがあります、、、あぁぁぁ、、、と。

 

良い行動、悪い行動、どちらも真似される!

意識しておきたいですね!

 

参考文献「史上最強図解 よくわかる発達心理学」監修者 林洋一 

 

今日も親子の楽しい会話がありますように。

 

山崎えりか

子育てコーチングセミナー講師/コーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA