病気は嫌??それともちょっと嬉しい??

子どもが病気になった時、どのように接していますか?

優しい気遣いと声掛けと手厚いお世話でしょうか?

 

大切な子どもが苦しんでいるのですから、

なるべく軽減してあげたいですね。

 

例えば、

病気になるといいことがある、という体験を積むと

病気になっても○○してもらえるからいいや〜。

と思うかもしれません。

 

病気になるとずっと寝ていなければならなくて

つまらない、という体験を積むと

病気になりたくない。と思いそうですね。

 

病は気からといいますから、

病気に対する印象でも違ってきそうです。

バランスをとっていきたいと思います。

 

今日も親子の楽しい会話がありますように。

 

山崎えりか

子育てコーチングセミナー講師/コーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA