子どもが本を読むようになる方法

子どもが本を読むようになるには、、、まず親自身が本を読むこと!

と、よく聞きますね!

 

これは、みかんを食べている人を見るそれを見ているだけの人も

よだれが出てくる、というような共感回路の働きによるものだそうです。

茂木健一郎さんが著書の中で仰っていました。

 

人間に限らず動物には備わっているので、

読書をしている人をみると読書をしようと共感するのですね。

 

我が家では私が本を読んでいたら、長男が読むようになりました。

その後夫も読むようになりました。

 

良い共感が起きるのは嬉しいことですね。

 

今日も親子の楽しい会話がありますように。

 

山崎えりか

子育てコーチングセミナー講師/コーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA