お友達とのお手紙交換を応援しよう!

保育園で、子ども同士のお手紙交換はありますか?

「またあそぼうね」など、とても可愛らしいやり取りですね。

 

字の練習はやりたがらない次男ですが、

お友達へのお手紙は真剣に取り組む様子が見られます。

 

私にできることは、書きたい気持ちの応援です!

「ね」を書いて、と3回依頼されたので、書きました。

書き上げたお手紙の朗読を依頼されました。

1行追加で書く毎に、最初から全文読み上げました。

 

間違えだらけですが、敢えて訂正はしません。

本人がこう書いていると思っている読み方で読みます。

次男の場合、そうでないと気分を害してしまうからです。

長男の時には、文字の練習で嫌な思いをさせてしまった失敗があります。。。

 

「字を正しく書かせたい」のか、

「字を書くことを楽しんで欲しい」のか。

 

楽しければ勝手に覚えていきます。

(放っておくのとは違います。覚える機会や環境は整えます)

楽しくないと、やらなくなってしまいます。

(ベンキョウ、キライ。の始まりになったら悲しいです)

 

以前、英語スクールの先生方のお話を伺ったことがあります。

3校違うスクールの先生方でしたが、みなさん一致していたのは、

「英語を嫌いにさせないで下さい」という母親達へのお願いでした。

 

一番大切なのは、好き!楽しい!という気持ちなのですね。

どんな学びにも通じているなぁと思い、深く記憶に刻まれています。

 

今日も親子の楽しい会話がありますように。

 

山崎えりか

子育てコーチングセミナー講師/コーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA