子どもの怖がりに付き合う

お子さまは、怖がりですか?

保育園年長になった次男ですが、ここ数ヶ月、ちょっと怖がりです。

 

「怖い」という認識は結構高度なのでは?と思うので、

成長の証とも言えそうですね。

 

でも「おトイレ一緒にいこう」とか

「パジャマ一緒にとりに行こう」とか

、、、電気付けて行っておいでと促しても子どもは半泣きになる始末です。。。

 

バタバタしている夕方は困りますね。

でも怖いものは怖いのです。想像の中にお化けが出てくるのですから。

 

小学校から不審者情報のメールが届き、

それを読み上げていたところ、また次男の怖がりを引き出してしまいました。

 

怖がらないためにどんなことができるかを考えるのも一つですが、

怖い時は寄り添う、も選択肢にいれておける余裕を持ちたいなと思いました。

普段から少しの余裕をもたせておくって難しいですけれど大切ですね。

 

今日も親子の楽しい会話がありますように。

 

山崎えりか

子育てコーチングセミナー講師/コーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA