お手伝いの難易度を上げたら失敗!

お子さまへのお手伝いの依頼、スムーズにいっていますか?

一昨日、お手伝いの難易度を上げてみたら意外と子どもはやってくれましたよ〜

とお話しました。

 

調子に乗って、もう一度子どもに洗濯物干しを頼んでみました。

洗濯乾燥機の乾燥機能がいまいちで、買い替え検討中のためです。

今回はタオルを干してもらいました。

 

細かく指示してしまうと、口うるさくてやる気を損ねてしまいそうなので、

簡単なひとことで依頼しました。

ハンガーと洗濯ラック(?)を渡して「これに干してちょうだい!」

お願いしま〜す!で任せました。

 

すると、、、

なんと半分折りで洗濯バサミに挟まっていたり。

四つ折りで挟まっていたり、、、

ちらほら驚きの干し方が!!!

これは、、、大失敗だ〜!と最初は思いました。

 

でも、よく見てみると、子どもなりに法則がありそうでした。

子どもが干しやすいように、床に近い場所に洗濯ラックを設置したので、

干したタオルが床につかないように半分折りにしたのかな?

最後の方は、洗濯バサミが足りなくなったから、四つ折りにしたのかな?

 

お手伝いひとつお願いするにしても、簡単にはいきませんね!

お願いの仕方を学ぶことにもなりますし、

子どもたちも体験の中から気づきを得てくれたらと思います。

「なるほど〜。だからママはそうしてたのか〜。」と

納得してもらえたら嬉しいです。

 

今日も親子の楽しい会話がありますように。

 

山崎えりか

子育てコーチングセミナー講師/コーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA