「どうしてかなぁ?」と子どもが言ったらチャンス!

GW後、先週は激務だったのでは??

新たな週のはじまりですね!体調整いましたでしょうか。

睡眠時間をしっかりとっていきたいですね。

 

さて、我が家には保育園年長の次男がいます。

まだまだ世の中の不思議に敏感なお年頃です。

なんで?どうして?これなぁに?と疑問がたくさん湧いてきます。

幼いからこそ、思ったことをそのまま口に出してくれます。

 

教育が変わる!と言われています。思考力などが問われる、とか。。。

子育てコーチングでは、それらを育む土台となるのは、

家庭での会話だとしています。

一人一人と向き合って発言してもらう時間は、

家庭でないとなかなかとれません。

 

会話会話と言っても、ママが一生懸命話しているのは何か違う。

子ども発信の会話を大事にしてこそ、なのかなと思います。

 

そこで、子どもが「なぜなぜどうして?」な疑問を口にしてくれた時には、

「面白いところに気がついたんだね!!」

と一言素直な感想を伝えています。

 

その後で、

「ほんとだ、なんでだろう?」

「どうしてだと思う??」

と、意見を聞きたい気持ちを質問にしています。

 

このような会話ができるようになったことで、

疑問に思うことがいいこと、

尋ねるのはいいこと、

わからなくてもママに聞いてみるだけで会話になること、

などを理解してくれたように思います。

 

今日も親子の楽しい会話がありますように。

 

山崎えりか

子育てコーチングセミナー講師/コーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA